学校の教師は給料が安定している

学校の教師は給料も安定しているため、人気の職業となっています。どのような教科でも月給に差はありませんし、比較的なりやすい職業でもあります。資格を取るには、教育について勉強できる大学へ通ったりすることが必要となってきます。競争率は高くなりますが、どのような人でもなれるチャンスがある仕事ですので目指している人は非常に多くなっています。学校は夏休みや春休み、冬休みなどの長期休暇もあり、部活動などの顧問をしていなければ長い休みを取ることも可能です。有給休暇なども取りやすく、福利厚生が行き届いていることも大きなメリットです。

学校の正規教師になるために

学校の教師は実は正規採用の人ばかりではありません。採用人数を調整するためや、産休や病休などによって仕事を休んでいる人の代わりに教員採用試験に合格していないものの、臨時的に採用されている人もいます。教員採用試験に合格した正規採用者の場合には、一般の地方公務員よりも高めの給与水準となります。臨時採用であっても勤務時間がフルタイムであれば正規採用と同等の給与が支払われますが、雇用期間に限りがあります。また、時間講師などのアルバイトに近い雇用形態で働いている人も学校には存在します。児童生徒の健全な育成のためには、教師の生活の安定も必須であるために、待遇の引き上げが求められていますが、財政面の制約があり解消にいたっていないのが現状です。

↑PAGE TOP