学校教師の勤務時間の多さ

先生になりたいという方も多いと思いますが、気になるのは先生の勤務体系です。どのようになっているのでしょうか。学校の教師は、勤務時間は朝は概ね8時ころスタートという場合が多いですが、終業時間はまちまちです。というか、授業以外にも部活動の顧問や各種の事務処理、さらには授業の準備や研究など仕事量がとても多く、自宅に仕事を持ち帰るというケースも多いようです。大変な仕事ながら残業手当はほとんど付かず、部活動の顧問も手当は微々たるものです。学校の教師はこのように勤務時間的にはとても大変ですが、一方でやりがいも多く、そこに魅力を感じている人も多いようです。

学校の教師のあり方について

教師は、学校生活の要となる存在でなければなりません。単に教室や運動施設の中で、各科目を教えるだけでなく、縁あって集まった生徒たちが、揃って授業を受けることの意味合いを学んでもらうことに努めます。それは、決して競争意識を植え付けようとするのではなく、お互いが切磋琢磨しながら助け合っていくことの大切さを感じてもらうためのものになります。そこにこそ、ひとりひとりの生徒を分け隔てなく見つめ続ける教師の姿があります。学校生活が楽しくて仕方がないと感じながら、様々なことを学び続ける生徒たちで溢れかえる環境作りが必要とされています。

↑PAGE TOP