学校教師の結婚事情について

先生たちの結婚事情、実際どんなものか気になるところですよね。多くの教師の方は、職場恋愛で夫婦となることが多いです。ただ、私立の場合は結婚後も同じ職場で働けますが、公立の場合はどちらかが退職、あるいは学校を移ることがほとんどです。というのも、子供の進学の問題があるためです。親の働く学校に子供が通うことはできません。必然的に異動することになりますので、そのタイミングで女性は退職することが多い傾向にあります。職場恋愛の他には、ごく稀に元生徒と問題なく夫婦になる人や、大学時代からの恋人と、という人もいます。教師という職業上、どうしても一般の社会人とは休日や生活時間が異なるため、職場外でのお付き合いはうまくいかない傾向にあります。

教師の役割の大切さについて

学校の場において教師のもつ重要性は論じるまでもありません。絶えず自分の教育法を学び、生徒たちをより良い方向に導いていく立場であることは昔も今も変わりありません。その際に生徒たちのもつさまざまなとまどいに対して、どれだけ学校で真剣に接することができるかが問われているのではないでしょうか。例えば、わかりにくいポイントをいかに生徒たちに意欲を持ってもらいながら乗り越えていけるか、それを率先して、工夫や熱意で生徒たちをひきつけて、導いていけるかです。こうした情熱を持った教師は、感受性の豊かな生徒たちは敏感に察知して、ついていこうとするでしょう。自分たちのためにここまで熱心にやってくれていると感じてもらえれば、生徒たちは理解してくれるでしょう。

↑PAGE TOP